ありふれた日々と以下略

バイクだったり、音ゲームのこと。

ナナシス円盤上映会&トークショー(11/21)

 Tokyo 7th シスターズ(通称ナナシス)も5/31に1stライブを行うほど大きなコンテンツになっています。

 ライブBDや新曲が続々と発売される中、新宿TOHOシアターでライブBD上映会を行うという予告が。
 この予告は上映の1週間前ぐらいに急に発表されてびっくり。
 抽選じゃなくて0時に早い者勝ちで席を分捕るゲーム。
 それでもってキャパ400人程度かつプレミアムお席が20席のみ。
 これ無理やろ…って思ってましたがなんとか席取れました(おそらくタイムアウトで席があとからポツポツ復活してきたから取れたのかと思います)。
 
 会社の人には「地元の友人が東京に来るからちょっと早めに帰る」と言って新宿へ(ごめんなさい)。
 うちから一時間ぐらいかかるのがネックすぎ。
 
 会場である新宿TOHOシネマズに着くと、ナナシスグッズが申し訳程度に置いてあって(あっ…)って感じ。
 特典を貰って入場。複製原画。


f:id:sarada-br0:20151225091745j:image

 
 しぃちゃんでした。
 
 まず初めにトークイベント。
 七咲ニコル・コニー役の水瀬いのりさん、春日部ハル役の篠田みなみさん、茂木総監督の3人と予定されてたのですが、サプライズゲストとして、天道寺ムスビ役の高田憂希さんが出て会場は大盛上がり。
 主に1stライブの感想、舞台裏、今後の話をしてました。
 特に監督の意味深な発言が多くて今後どうなるか、期待をしてます。
 高田憂希さんが近所のおばちゃんみたいに話をしながら落ち着きがない感じで会場もかなり和んでました。
 篠田さん、高田さんは声優としてナナシスが初めての主役級の役だったようで、監督が「それまじ?」的な顔をしていてオモシロかった。
 
 トークイベントもおわり、円盤を流す。
 やっぱり映画館で見るのはホント迫力があって素晴らしい…
 周りもヒートアップして自分もノリノリで見ていました(疲れからか席は立たなかったけど)。
 内容は、まぁ円盤の内容そのままなので言わずもがな。(幕間BBQなし)
 楽しかった。もうそれしか出てこなかったですね。
 トークイベントだけでも来た価値はありました。それだけで去っていく人もぼちぼち。
 明日仕事かつ終電ギリギリでなんとか帰れた…終電逃してたらどうしようかと。
 
 あ、イベント詳細は下記の記事にて特集されてるのでどうぞ。
 
 結論。ナナシスはいいぞ。